« イフリート・シュナイド製作その1 | トップページ | イフリート・シュナイド製作その3 »

2019/03/15

イフリート・シュナイド製作その2

もう3月も半分過ぎました。
今月も仕事や家のことでバタバタとしております。
ちまちまと進めていたイフリート・シュナイドの続きです。
腰回りを少しいじりました。
後ろのパーツにもヒート・ダートを装備しているのですがその部分を削り、ケンプファーからバーニアを移植しました。
Photo
高機動型ぽっくなってきたかなと。
ランドセルにもケンプファーのバズーカを懸架出来るようにパーツを移植。
ランドセル内にポリキャップを入れて保持力も確保しています。
Photo_2
これで上半身の作業はほぼ終了しました。
組み上げるとこんな感じ。
21ff3b8a1f4d439faadd117cebf5e5aa
ケンプファーの手はイフリート・シュナイドよりも大きいので、どちらの手の大きさにするか悩むところです。

さて、武器もバズーカーだけでなく剣も持たせたくパーツを漁っていると、息子がグフのヒートサーベルを1本くれました。
腰に付けようと考えるとヒート状態は不自然なので、刃の部分をポリパテにて複製しました。
Photo_3
良い感じに複製が出来て満足満足。
この後は、サフを吹いて見ようかと思いますが、時間が取れるかなぁ。

|

« イフリート・シュナイド製作その1 | トップページ | イフリート・シュナイド製作その3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イフリート・シュナイド製作その2:

« イフリート・シュナイド製作その1 | トップページ | イフリート・シュナイド製作その3 »